« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月10日 (日)

タモちゃんからの年賀状

タモちゃんからの年賀状・・・『週刊アサヒ芸能』新年特別号(1月14日号)32-33ページ。

「今年こそは『国家の自立』と『国民の自立』への第一歩を」ということで、
新年あけましておめでとうございます。「日本はいい国だ」と標榜する真保守政権が確立するよう、邁進する所存であります。よろしくお願い申し上げます。という挨拶のあと、
国家・国民の自立に向けて考える具体例の一つとして「普天間基地問題」を挙げていらっしゃいました。鳩山首相は基地問題一つとっても優柔不断であると。いい人であろうとしすぎるとし、平成10(1996)年12月に日米特別行動委員会(SACO)最終報告で普天間返還と本島東海岸への海上基地建設で合意し、その後沖縄と本土の間で折衝があり(※その3か月後、田母神空将ご本人が「南西航空混成団幕僚長」として沖縄に赴任―章姫注)、軍事的にはあまり必要でないV字型滑走路をつくるというところまでもっていくのにも本土と沖縄との間の折衝が難しかったこと。
 例えば、工事の際の技術は本土の企業に依頼するということで、沖縄県側としては、騒音問題が起こるだけで、沖縄の企業にとってはプラスでないという沖縄県側の悪感情も考慮しつつ、折り合いをつけるのに10年もかかっていた。それを、今回の民主党内閣はさらに混乱させてしまっていると。
 10年かかったことを崩してやり直すにはまた、10年かかってしまうが、それで本当に国家のためになるのか?国民全体が考えるときが来ている。の、ようなことが書かれていました。

 ☆章姫から「タモさん」へ☆
ここではあえて「タモさん」と呼ばせていただきます。
田母神空将は、「いい○も」御出演などの際に「タモちゃんと呼ばれていた」とアピールされていらっしゃいましたね。でも、なぜかwikipediaや2ちゃんねるなどに書き込みされている方々は、「タモさん」と書かれているのです・・・。
皆さん、「タモさん」への愛情に満ち溢れていると感じています・・・。
どうか、田母神空将のお考えなどや、日々感じたことなどをブログや、「田母神俊雄後援会」の「田母神ルーム」などに書いてくださるとうれしいです。
全国の、講演会に行く機会のない「タモさん」ファンがどんなに喜ぶでしょう!講演会会場からまた別のところに移動する最中にお召し上がりになった地域のグルメでもちょっと紹介してくださる(+自衛隊ネタも含めて)とうれしいです(食と安全保障問題も関連があると思います)。我々がこれからの日本を考えていくうえで、こうした身近な「安全保障問題」に気づかせてください。どうかよろしくお願い申し上げます。

天奉院章姫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »