« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月14日 (水)

自衛隊のギャップ

今回の参議院選は少なくとも防衛議員といわれる新たな誕生を祝福したいと思います。

今回の宇都君の勝因は次のコメントをいただいたOBの所見に集約されているように感じました。

> 名もない自衛官OBの一人です。
> HP拝見しました。まったく同意同感です。
> 「この国は、守るに値する国なのか」と悔しい思いにしのび泣いてきた歳月
> の間、いつの日にかこういう人が現れると予見していました。文句無し支援
> します。頑張ってください。

確かに彼は名も無い自衛官の一人でした。
しかし、彼の講演で彼の目指す国防の熱意を聞いたとき、自衛隊OBだけでなく一般の心ある人は異口同音に自衛隊の厳しい状況に気付かなかったと言います。
日本を守る自衛隊(軍隊)が戦闘機の領空侵犯のギリギリの国権発動の場面においても一個人の正当防衛と緊急避難の対応しか取れない現憲法と法律の不条理には気付かなかったと・・・(以下参照)
http://tamogamironbun.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-2c69.html

陸上自衛隊、海上自衛隊も同様と思います。
我々OBも含めて自衛官は国に対して宣誓を致しました。
「ことにおいては危険を顧みず、もって職務に邁進し国民の負託にこたえるものとする。」平たく言えば国家に命を預けなければ自衛官になれないのです。
と宇都君が自衛隊を代表して叫びながら全国を遊説したと思います。

今後の佐藤議員と二人三脚で日本の国防、安全保障に取り組んでもらいたいと思います。その過程では自衛官の名誉も国家レベルで回復しなければなりません。

外れるかもしれませんが自衛隊OBの一人として危惧していると事を一言・・・
服務の宣誓で命の宣誓をしたにも拘らず、「政治的な活動に関与せず・・・」の一文があります。これは、現役、OBともずーと足枷になっている一文だと思います。
その最たるものが「シビリアンコントロール」の誤解を生む一因になっているのではないでしょうか?
真のシビリアンコントロールとは国として外交の道が閉ざされた時の最後の決断として軍事行動への決心をすることではないでしょうか?
それなのに現在の政府見解は軍隊は何れ暴走する組織である。その手綱をしっかりと握ることがシビリアンコントロールと思っております。
これは米国の占領政策マッカーサーの方針そのものではないでしょうか?
勿論、中国はそれを大歓迎しているでしょう。

そろそろ、選挙対策も含めてこの辺の対策をOBとして考え直す時期ではないかと思います。
単刀直入に言って今回の比例区の防衛関連の投票数が余りにも少ないと感じた次第です。(自衛隊定員約25万、OB数十万、家族数十万、合わせて100万以上あるはずですが矢野候補も含めて15万票にも足りない票は理解し難い現実です。)
100万以上の票を有効に生かせれば国選ごとに4人以上の国政に防衛議員を送り出すことができます。

以上、宇都君の期待するスタートではありますが本丸はまだまだ遠い感が致します。

                            因幡の白兎

PS:宇都君の国政参加を祝って筥崎宮の前で決意した宇都君の写真を一枚添付いたします。

Utosyasin

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

田母神さんの福岡講演

 2010年7月11日(日)、国政を左右する国民の参議員選挙の日です。
なんと、その日に福岡に田母神さんが駆けつけてくれました。

20100711

主催は福岡大学同窓会有信会筑紫野支部です。会場は昭和天皇も行幸されたという大丸別荘です。
田母神さんのいつもの語り口ですが今回の新しいジャンルは日本国政の分かれ目の選挙、何としても保守が頑張ってもらわないと将来の日本の国益を阻害する政治勢力に汚染されてしまうということです。

考える会の副代表として田母神さんに本日確認しました。
Q1:日本のため、総理大臣をやる気があるか?
Ans:勿論あります。民主党政権の弊害を払拭することが保守の政治家の任務と思っている。その時期が来れば私も身命を賭して立ち上がります。
Q2:今回の参議員選をどう考えているか?
Ans:まず、民主党が国民の真を問えない可能性があります。そうすると参議員選の結果、民主党政治の不信任となります。その時は田母神が立ち上がります。日本の将来の安全保障と日本の国益最優先で国民のための政治をやるために身命を賭して頑張ります。
(衆議院解散、再選挙を予想)

参議院選挙の結果が出ておりませんので、宇都後援会一員としてはこの辺でおさめておきます。明朝までには結果が出ると思っております。

自衛隊OBの有志も駆けつけましたので下記写真をご覧下さい。

(勿論、一番背の低い人が我等希望の田母神さんです。)

”私は政府に叩かれてこんなに背が低くなりました!”

  将来の田母神大臣、日本を救うため頑張れ!

Photo

                              因幡の白兎(右端です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

若き志士、宇都君の動画

宇都君の動画を下記に添付いたします。日本の将来を思う若き政治家候補です。今回の国政選挙の参考にしていただきたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=UfULA1zsRPs

http://www.youtube.com/watch?v=hS0h0IaGfm8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宇都君関連記事とひたちなか市講演紹介

7月8日の日刊スポーツに宇都君関連の記事が掲載されていましたので紹介いたします。(クリックすると拡大します。)

0708

☆7月6日、ひたちなか市で開催された宇都候補の講演会の様子が友人から送られてきましたので下記に添付いたします。

7月6日は茨城県初の独演会でした。グランドパレスで300名参集、一般200名、隊友会近隣支部を含め70名、鹿児島県人会等集まりまして、ひたちなか市隊友会長開演の言葉、県隊友会長、梶山衆議院議員、海野県会議員(勝田自衛隊協力会ひたちなか会長)、各市議会議員の応援演説に続き、若さ溢れるうと君の演説と続きました。
女性もたくさん参加し、後の感想・・・「亭主に誘われたけど、以外に良かったわ・・・」とのことでした。

      うとたかし!最後まで頑張れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

宇都君福岡街宣(2010.7.5)

6月30日、7月1日に続き、梅雨の小雨の中、7月4日、5日は宇都君の福岡街宣2回目です。
7月5日の春日街宣では宇都君の元上司でもある堀元西空司令官も駆けつけてくれました。
宇都候補の熱意あるスピーチは1回目にも勝る元気な発声で選挙民に日本の再生を訴え続けました。(人気絶頂の衆議員、小泉進次郎氏のスピーチに勝るとも劣らない35歳の迫力がありました。)

Photo

街宣の合間に支援者の勧めにより、福岡市東区にある筥崎宮で宇都君選挙戦成就祈願を後援者と一緒に行いました。

『敵国降伏』(注1)の御宸筆が掲げられている楼門の前で宇都君と支援者

Photo_3

その後、小郡市、久留米市を街宣し、福岡空港から福島の街宣へと旅発ちました。
宇都君には独立国、日本の将来を託すためにも必勝成就を期待しております。

                         福岡から因幡の白兎

             頑張れ!うと たかし

Utotakashi8

注1『敵国降伏』:下記筥崎宮ホームページ参照
http://www.hakozakigu.or.jp/history.php

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

宇都君福岡街宣

7月1日、梅雨の真っ最中の福岡ですが久し振りの雨上がりの天気で宇都君の福岡街宣を歓迎しました。
宇都君に日本の将来を期待する支援者の有志はまず、菅原道真公が山頂に立って天を拝んだといわれる天拝山(標高258m)登山に挑戦し、頂上の天拝神社で宇都君の成就を祈願しました。
Photo

頂上に立つと梅雨時期には珍しく四王寺山、都府楼跡、水城(7世紀中頃の国防施設)が見渡せました。
Photo_2

その後、昼頃、春日市内で宇都君の街宣車と合流し、彼の元気な第一声を聞くことができました。
何と、応援に駆けつけた人の中には自作の(注1)「Z旗」を持ってきた応援者もいました。
Z

流石、宇都君の声も元気一杯で、最敬礼も元自衛官らしい動作でした。
Photo_3

彼には日本の将来を託したい気持ちになりました。

注1「Z旗」:下記ウィキペディア参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/Z%E6%97%97

                            因幡の白兎

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »