« 田母神さんの福岡講演 | トップページ | 五百旗頭と菅の関係 »

2010年7月14日 (水)

自衛隊のギャップ

今回の参議院選は少なくとも防衛議員といわれる新たな誕生を祝福したいと思います。

今回の宇都君の勝因は次のコメントをいただいたOBの所見に集約されているように感じました。

> 名もない自衛官OBの一人です。
> HP拝見しました。まったく同意同感です。
> 「この国は、守るに値する国なのか」と悔しい思いにしのび泣いてきた歳月
> の間、いつの日にかこういう人が現れると予見していました。文句無し支援
> します。頑張ってください。

確かに彼は名も無い自衛官の一人でした。
しかし、彼の講演で彼の目指す国防の熱意を聞いたとき、自衛隊OBだけでなく一般の心ある人は異口同音に自衛隊の厳しい状況に気付かなかったと言います。
日本を守る自衛隊(軍隊)が戦闘機の領空侵犯のギリギリの国権発動の場面においても一個人の正当防衛と緊急避難の対応しか取れない現憲法と法律の不条理には気付かなかったと・・・(以下参照)
http://tamogamironbun.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-2c69.html

陸上自衛隊、海上自衛隊も同様と思います。
我々OBも含めて自衛官は国に対して宣誓を致しました。
「ことにおいては危険を顧みず、もって職務に邁進し国民の負託にこたえるものとする。」平たく言えば国家に命を預けなければ自衛官になれないのです。
と宇都君が自衛隊を代表して叫びながら全国を遊説したと思います。

今後の佐藤議員と二人三脚で日本の国防、安全保障に取り組んでもらいたいと思います。その過程では自衛官の名誉も国家レベルで回復しなければなりません。

外れるかもしれませんが自衛隊OBの一人として危惧していると事を一言・・・
服務の宣誓で命の宣誓をしたにも拘らず、「政治的な活動に関与せず・・・」の一文があります。これは、現役、OBともずーと足枷になっている一文だと思います。
その最たるものが「シビリアンコントロール」の誤解を生む一因になっているのではないでしょうか?
真のシビリアンコントロールとは国として外交の道が閉ざされた時の最後の決断として軍事行動への決心をすることではないでしょうか?
それなのに現在の政府見解は軍隊は何れ暴走する組織である。その手綱をしっかりと握ることがシビリアンコントロールと思っております。
これは米国の占領政策マッカーサーの方針そのものではないでしょうか?
勿論、中国はそれを大歓迎しているでしょう。

そろそろ、選挙対策も含めてこの辺の対策をOBとして考え直す時期ではないかと思います。
単刀直入に言って今回の比例区の防衛関連の投票数が余りにも少ないと感じた次第です。(自衛隊定員約25万、OB数十万、家族数十万、合わせて100万以上あるはずですが矢野候補も含めて15万票にも足りない票は理解し難い現実です。)
100万以上の票を有効に生かせれば国選ごとに4人以上の国政に防衛議員を送り出すことができます。

以上、宇都君の期待するスタートではありますが本丸はまだまだ遠い感が致します。

                            因幡の白兎

PS:宇都君の国政参加を祝って筥崎宮の前で決意した宇都君の写真を一枚添付いたします。

Utosyasin

|

« 田母神さんの福岡講演 | トップページ | 五百旗頭と菅の関係 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

因幡の白兎さま

宇都隆史さんの当選記念写真の加工、素晴らしいです!
筥崎宮のものですね。

本当に今回の選挙で最大の成果は、新たな防衛議員が
誕生したことだと思います。
宇都さんは、特に自衛隊駐屯地周辺を街宣していたようですが、ブログの行間を読むと切ないものがあります。
何度も歯がゆい思いをなさいながらの街宣だったと思います。
>日本を守る自衛隊(軍隊)が戦闘機の領空侵犯のギリギリの国権発動の場面においても一個人の正当防衛と緊急避難の対応しか取れない現憲法と法律の不条理には気付かなかったと・・・

私は本当にこういう部分を知らないできてしまった一人でもあります。最近こうした会などで出会う人たちから教えていただいて、自分の無知さに愕然としています。
他の人はもっと知らないのではないでしょうか?
保守系の講演会で普通に話されることが、世間ではまだ非常識と捉えられていることをいろんなところで痛感してます。それを何とか埋めていければ・・・と思うのですが(小さいですが)。

軍人が政治関与することは禁止すべきだと簡単に捉える向きがありますが・・・。
どうしても軍人の職務の中には政治的事務はついてまわるはず・・・。ただ「軍はほっておけば暴走する」だけで思考停止になってはいけないのではないかと思います。
「私はかつての貴方と同じことをやっただけです」という言葉だけで決めつけるのではなく・・・。

軍事的な物の考え方を理解してない国民が「シビリアンコントロール」の言葉だけを暗記しているだけではいけないと思います。

投稿: 章姫 | 2010年7月14日 (水) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532355/48873846

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊のギャップ:

« 田母神さんの福岡講演 | トップページ | 五百旗頭と菅の関係 »