« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年8月

2010年8月24日 (火)

五百旗頭と菅の関係

                                        2010.8.24 宮内瑞生

中国はイオキベを日本の”キッシンジャー”と持ち上げ、小淵、小泉、福田の3代に亘る首相の知恵袋だったと煽て、日中関係の戦略性の要であると持て囃していて、本人もその気になっているようだ。
http://news.xinmin.cn/rollnews/2010/03/24/4146373.html
菅首相とイオキベの考えは、略同じであるので、三代の自民の首相達はイオキベに毒されていたと見るべきであろう。

 そのイオキベは、今般は菅に接近している。イオキベ・菅会談は今年7月17日ホテル・ニューオータニの中の料理店で2時間半にわたり行われ、菅談話の内容や8月15日の式辞内容の話もしたのであろう。一方で8月19日にあった防衛省首脳との会談がたった1時間で終わったのからすると、菅からみて防衛省首脳よりイオキベ先生の方を2倍以上に重視していることが分る。
http://www.youtube.com/watch?v=Owm7qAyC1WY

 戦後生まれの菅は、畏れ多くも両陛下の御前で、ヌケヌケと「多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦痛を与えました」と述べたが、アジア諸国の実情を知っての発言とは思われない。菅は昭和天皇が自存自衛、亜細亜開放のたに宣戦布告したことを知らないのであろうか。

 この男の考えは、イオキベと同じである。
 イオキベは小泉メルマガの中で「侵略戦争を行ったうえ敗北した日本に対する不信は、世界に、とりわけアジアに根深かった」と書いたことがあり、私が「アジアというのは問題がある。インド、ビルマ、マレーシア、インドネシア等々の国が、日本は侵略国だと声明を出したことがあるのか、侵略国と騒いでるのは中朝だけであろうが・・・」と投書したところ、イオキベは以降の論文では「アジア」とは書かず『東アジア』と書くようになった。
 スリランカのジャヤワルデネ元大統領は1951年のサンフランシスコ講和会議において、セイロンの代表(当時は蔵相)として出席し、日本に対する賠償請求権の放棄を表明した。スリランカに続き、インド・ラオス・カンボジャも賠償請求権を放棄した。インドネシアは賠償を受けるに当たって、流石に気が引けたのか、名目上、独立の祝い金を日本から頂くと大統領が言ったいう。インドに於いては、広島の原爆記念日である毎年8月6日にはインド国会が会期中の際は黙祷を捧げているし、また昭和天皇崩御の際には3日間喪に服した。これらの国々は大東亜戦争を評価し肯定しているのである。

 靖国神社については、イオキベは「小泉首相の靖国参拝で、どれほどアジア外交を麻痺させ、日本が営々として築いてきた建設的な対外関係を悪化させたことか」と書き、一方の菅は内閣閣僚全員を不参拝とした。
 毎年恒例となっている、横須賀の小原台から東京・九段の靖国神社に行軍して来る防大生の一群を見るとき、最高指揮官や防大校長がこれで良いのかと心配である。

 イオキベの意見を取り入れて述べた「菅談話」なるものは、国益を著しく害するものとなっている。韓国では国会議員が「女子挺身隊、慰安婦の問題やサハリンに置いていかれた人々への謝罪が談話に入っていない」、北朝鮮は「「1995年の村山談話、2005年の小泉談話より後退しており、謝罪対象を南朝鮮だけに定め、わが共和国とわが人民に対する罪への謝罪と賠償には言及すらしていない」、この他に中国や台湾からは「こっちにも謝れ」と意見されている。正に四面楚歌で、。政治家であれば、沈黙も時には必要とされるのに、余計なことをしてくれたと思っているのは、私だけではないだろう。

 菅は9月に行き詰まるかも知れないが、世渡り上手なイオキベは、次の総理に取り入り、生き残るであろう。どなたかイオキベを辞任に追い込む知恵を授けてくれる方がおられれば、是非出向いてご意見を伺いたいと思っている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »