« 2011年1月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月 5日 (日)

日本を守るのは日本国民!

                                                                 平成236

                              稲葉 敏

国会の現状を見て、堪忍袋の緒が切れましたので一言申しあげます。


一昨日からの国会の内閣不信任決議案はなんだったのでしょうか?

今もって、与野党の動きは国民にとって政治不信が益々高まったと言ってよろしいの

ではないかと思っています。

そもそも、辺野古問題で失格の鳩山元総理がしゃしゃり出てきたところが益々おかし

くなってきたと思います。

いずれにしましても、国民の大多数が管政権失格とのサインを出しているにも拘ら

ず、国民を愚弄するやり方で政権に居座り続ける管政権の開き直りはもはや日本国民

のための総理大臣の体をなしていないと思います。

寧ろ、彼が若い頃に活躍していた学生運動の延長線上に日本総理の権限を乱用して日

本弱体化を達成しようとしているとしか思えません。

それは田中角栄時代から始まった中国ハニートラップに始まり、南京大虐殺でっち上

げ、靖国参拝関与に応じ続けた自民党政権から継続しております。その完成版であ

り、C国に自信を持たせたのが民主党政権であると思います。

ここまで来ると、議会制民主主義の悪弊としか思えません。

現政権の殺し文句は「一生懸命被災者のために頑張っています。この時に政治空白を

作るべきではありません。想定外のこの大震災は誰が総理になっても同じです。です

から選挙で選ばれた管政権を信じて下さい。」です。

一部の新聞では被災者の意見を如何にも代弁しているかのように管政権続投を希望す

る記事すらあります。

ここで私は政治の本質を考える時、政治家は日本の主権、国益、国民の安全、将来の

安全保障を最優先すべき立場です。それが、現在の選挙のありようはどうでしょうか?

政治家のほとんどは票田を取ることしか考えてないのではないでしょうか?

それだから、管政権のように国民を騙しても選挙に勝ちさえすれば、なんでもありと

思っているのではないでしょうか。

そこで、私は提案したい。

この悪弊のある議会制民主主義(本来は憲法で考えるべきでしょうが・・・)の元で

は国民が意識改革をしない限り、期待する政治家を選ぶことができないのではないか

と思います。

もっと国民運動を活発化すべきと思います。

少なくとも、先の宮内代表同報の「週間新潮6/9号記事」のようにこの困難な時期で

あるからこそ、被災者の意識改革が必要ではないかと思います。(自衛隊は認めない

けれど困った時には国民の奴隷の如く、助けることが本務である。と勘違いしている

被災者国民がいるのではないかと危惧します。)

今、一番被害を受けておられる多くの被災者が管政権を望まないと声を上げてもらい

たいと思います。

政治空白を覚悟で総選挙で将来の日本再興を期待できる真の政治家を選んで欲しいと

思います。もはや政治空白という脅し文句に我々国民は惑わされてはいけないと思い

ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年7月 »