« インタビュー大好き防衛大学校長の初仕事 | トップページ | 「教科書の問題点」 »

2011年6月 5日 (日)

日本を守るのは日本国民!

                                                                 平成236

                              稲葉 敏

国会の現状を見て、堪忍袋の緒が切れましたので一言申しあげます。


一昨日からの国会の内閣不信任決議案はなんだったのでしょうか?

今もって、与野党の動きは国民にとって政治不信が益々高まったと言ってよろしいの

ではないかと思っています。

そもそも、辺野古問題で失格の鳩山元総理がしゃしゃり出てきたところが益々おかし

くなってきたと思います。

いずれにしましても、国民の大多数が管政権失格とのサインを出しているにも拘ら

ず、国民を愚弄するやり方で政権に居座り続ける管政権の開き直りはもはや日本国民

のための総理大臣の体をなしていないと思います。

寧ろ、彼が若い頃に活躍していた学生運動の延長線上に日本総理の権限を乱用して日

本弱体化を達成しようとしているとしか思えません。

それは田中角栄時代から始まった中国ハニートラップに始まり、南京大虐殺でっち上

げ、靖国参拝関与に応じ続けた自民党政権から継続しております。その完成版であ

り、C国に自信を持たせたのが民主党政権であると思います。

ここまで来ると、議会制民主主義の悪弊としか思えません。

現政権の殺し文句は「一生懸命被災者のために頑張っています。この時に政治空白を

作るべきではありません。想定外のこの大震災は誰が総理になっても同じです。です

から選挙で選ばれた管政権を信じて下さい。」です。

一部の新聞では被災者の意見を如何にも代弁しているかのように管政権続投を希望す

る記事すらあります。

ここで私は政治の本質を考える時、政治家は日本の主権、国益、国民の安全、将来の

安全保障を最優先すべき立場です。それが、現在の選挙のありようはどうでしょうか?

政治家のほとんどは票田を取ることしか考えてないのではないでしょうか?

それだから、管政権のように国民を騙しても選挙に勝ちさえすれば、なんでもありと

思っているのではないでしょうか。

そこで、私は提案したい。

この悪弊のある議会制民主主義(本来は憲法で考えるべきでしょうが・・・)の元で

は国民が意識改革をしない限り、期待する政治家を選ぶことができないのではないか

と思います。

もっと国民運動を活発化すべきと思います。

少なくとも、先の宮内代表同報の「週間新潮6/9号記事」のようにこの困難な時期で

あるからこそ、被災者の意識改革が必要ではないかと思います。(自衛隊は認めない

けれど困った時には国民の奴隷の如く、助けることが本務である。と勘違いしている

被災者国民がいるのではないかと危惧します。)

今、一番被害を受けておられる多くの被災者が管政権を望まないと声を上げてもらい

たいと思います。

政治空白を覚悟で総選挙で将来の日本再興を期待できる真の政治家を選んで欲しいと

思います。もはや政治空白という脅し文句に我々国民は惑わされてはいけないと思い

ます。

|

« インタビュー大好き防衛大学校長の初仕事 | トップページ | 「教科書の問題点」 »

コメント

稲葉さんの論説を拝見いたしました。稲葉さんの悲憤は私も共有するものです。国会
の内閣不信任案提出、それを否決の顛末を見ていると、これが現代日本の病巣の深さ
だと思い知らされます。つまるところ、国会議員もお国の事より、自分の現在の立場
を守る為の保身しか眼中にない事を示したものです。インタビューや会見では「我々
は一般国民とは違った高度な視点、見解を持って、大局から判断する」と言うよう
な、鷹揚な態度と振る舞いを見せますが、何のことはないリストラに怯える会社員と
同じです。彼らの行動は、「私は日本国のために身を挺して働きたい、そのためには
国会議員である事が条件だ、したがって今の立場を守ることが一番重要である。この
立場を守る為にはプラグマティズムによって判断するべきだ」と言う言い訳によって
いるのです。それが彼らにとっては、正当であり、日本の為と言う理由なのです。し
たがって、「管さんは無能だ。宰相としての器ではない。即、退陣すべきだ」と威勢
のいい事を言っても、小沢さん、鳩山さんという国民に不人気の二人の音頭に乗って
賛成投票したら、選挙では落ちる。まして岡田さんは賛成する者は離党してからやれ
という筋論の正論を吐いている。この際は、身を守る為に賛成票を入れようという、
意気地のない事になるのでしょう。
 そして、管さんは生粋の左翼思想の持ち主です。左翼思想の人間は権力を握った
ら、絶対に離さないことは、ソ連、中国、北朝鮮を見たらわかることです。「一定の
めど」は、これからも次々に新しいめどが考えだされることでしょう。管さんの頭の
中に今あることは、人気を回復させるための工作と、延命のための手段しかないで
しょうね。21もの会議を作って、イオキベさんを議長にして、何の結論も出せないと
は、町内会のレベル以下ではありませんか。ましてや、一国の国難、しかも国防軍た
る自衛隊を10万人動員して、米軍の援助を受けて安全保障会議は一回も開いてないら
しいですね。このような政府があるでしょうか。
稲葉さんの提案の中に国民の意識改革をしない限り、期待する政治家を選べないとあ
ります。ここが、論説の一番の精髄であると思い、私も賛成です。しかし、私はそれ
は半分不可能ではないかと思います。戦後66年経ちました。世代も変わりました。今
の状況をおかしい、よくないと感じない人間が殆どのはずです。何故なら、その状況
に生まれ育ち、過去を実感できないからです。悲観的に述べれば、母国日本は衰退に
向かっていると言われても、冷静に考えたら100%の否定はできないように思いま
す。それは、岡崎久彦氏の名著「繁栄と衰退と」に描かれている17世紀のオランダが
衰退していく状況にうり二つだからです。
「決定能力の欠如した政府」、「国家戦略のない国家」「根強い反戦思想と嫌軍思
想」、「ぶれる政治的姿勢」、「経済優先しかない準拠指針」。いづれも現代日本の
様相ではないでしょうか。これは、一朝にして出現したものではないでしょう。敗戦
という出来事が引き起こした前時代否定、それをいつまでも乗り切れない国民性の相
乗作用だと思います。160年の昔、長崎の庶民に「我々が攻めたきたらどうすうる
か」とオランダ海軍士官カッテンディーケが尋ねたら、「そんなことは幕府の考える
ことで、我々の知ったことではない」と答えたその感覚から少しも脱却していないの
ではないでしょうか。
 日本を変えるには昔も今も外圧によるしかないという人もいますが、一面の心理で
あろうと思います。分を守り、精進し、恥ずかしくない生き方をする日本の価値観
は、庶民の能力と目を見張るような優秀な文化を生みました。しかし「お国のため」
の観念だけは、自然発生的には出来ないのは日本だけではありません。教育によらな
いといけないのです。しかしその教育によって、日本の過去を否定的にしか教えられ
ない国民には、読書をする人以外には「国家感」は生れて来ません。だからこそ、指
導者に人を得ないと駄目だと思います。聡明な国民が先か、指導者が先か、答えは指
導者ではないでしょうか。どこの組織もそうでしょプが、「私をトップにしてくださ
い」という人間に優れた人はいません。人から望まれる人は奥ゆかしく、慎み深いも
のですが、お国のためにはそういう人こそ不可欠です。それを国民に任せていても実
現はしません。そこには、目覚めた組織が押して、引き出し、送りだす事が必要で
す。
                          平成23年6月4日
                               守山善継

投稿: | 2011年6月 5日 (日) 09時57分

守山さん、私のお粗末な拙文に対して卓見なるご意見に感謝いたします。

> 教育によらないといけないのです。しかしその教育によって、日本の過去を否定的
> にしか教えられない国民には、読書をする人以外には「国家感」は生れて来ません
> 。だからこそ、指導者に人を得ないと駄目だと思います。聡明な国民が先か、指導
> 者が先か、答えは指導者ではないでしょうか。どこの組織もそうでしょプが、「私をト
> ップにしてください」という人間に優れた人はいません。人から望まれる人は奥ゆか
> しく、慎み深いものですが、お国のためにはそういう人こそ不可欠です。それを国民
> に任せていても実現はしません。そこには、目覚めた組織が押して、引き出し、送り
> だす事が必要です。

守山さんのご意見は優秀な指導者を最優先に国政に送り出すことが肝要と言及されていると思います。全く同感です。
しかし、その手段において戦後の民主主義では不可能に近いのではないかと危惧しております。
例えば、佐藤正久議員、宇都隆史議員が常々言及されている国会議員になる条件として自衛官の宣誓と同じように「国家に忠誠を誓うこと」を条件としただけでも日本を救うためには大きな効果があると思います。しかし現実は自虐史観を認め、「日本は日本人のためだけのものではない」と平気で言い切る総理大臣が総選挙で選ばれる現実を見ると実行可能性には乏しいのではないかと思います。
しかし、某国と同じように市民革命で現政権を転覆させるようなことは日本人の風土には合っておりません。

それでは、救国の手段としてどうしたらよいのでしょうか?
私は、今回の東日本大震災の教訓が日本人国民の意識を変えるチャンスではないかと思っております。
被災者復興のために全国民が一致団結することにより、本来の日本人のよいところが政治に反映できるのではないかと思っております。
これを機にメデアも真剣になって協力すべきと思います。
「誰が総理になっても想定外の大震災対応は困難だろうから、政治空白防止のためにも管政権続投が望ましい」と被災者を煽っているメデアを国民が許さないという態度が必要かと思います。

今こそ、東日本の被災国民を救おう!北朝鮮の拉致被害者を救出しようという国民的な運動により、まともな政治家を選ぶ時ではないかと思います。

国家に忠誠を誓って命を賭けることができる政治家が出て来い!
(党派党略、政権延命最優先なる指導者は一刻も速く、国政から排除すべし!)

私はそんな政治家の出現と日本国民がその政治家を選ぶことを希います。

                                 6月6日      稲葉 敏

投稿: 稲葉 敏 | 2011年6月 7日 (火) 16時37分

稲葉様への返信
 稲葉さんの論説の続編に接し、その中で蒙を啓かれるところおよび稲葉さんにお願
いできないかと思うこともあり、愚論を述べさせていただきます。
 まず、佐藤議員、宇都議員が提唱されている国会議員になる条件として、自衛官の
宣誓と同じように、「国家に忠誠を誓う事」というくだりがありますが、これには驚
かされました。現代の日本では、国会議員になるのに「国家への忠誠を誓う」と言う
宣誓をしていないということですか。これは知りませんでした。国民に国事への関与
を選挙を通して託され、天皇陛下に召集されて議会で議論を戦わす「日本国民」の代
表たる国会議員が、日本国への忠誠を宣誓をしないとは国家の体をなしていないので
はありませんか。到底、他の近代国家ではあり得ないことでしょう。
 後段の「救国の手段」については、稲葉さんはさらりと書かれているので、私が稲
葉さんの真意や言外の言を察することが出来るかどうか自信がありませんが、私見を
述べさせていただきます。稲葉さんは自衛隊出身の方ですので、その発想や着眼点に
独特のものを感じさせられることがしばしばあるのですが、「今回の東日本大震災の
教訓が日本人の意識を変えるチャンスではないか」と述べられているその意味すると
ころが実に奥深いように思います。この稲葉さんの御意見を字面ではなくその内容の
意味するところを、稲葉さんには機会あるごとにもっと主張して頂くようにお願いし
たく思います。
 そこにある「教訓に」ついても福島原発事故への対処の後手や不手際については、
NHKや民放を通じて「責任所在が不明確」「意志決定系統の不統一」等々ミスマッ
チをあげつらい、今後このように改善しなくてはならないと、「日本人は反省と総括
が得意な国民」(大森義夫さんの書より)ぶりを発揮していますが、私には果たして
それが教訓かと疑問があります。稲葉さんの大先輩にあたられ、その功罪や評判には
それぞれのものがありますが、故瀬島龍三さんが述べられた「戦争というのは半分
は、状況不明だ。それを叡智、決断力で補っていくものだ。それを結果論で、ここ
に、あそこに錯誤があったと言っても、事実の究明にはなっても、じゃあどうすると
いった教訓にはならない」を真摯に受け止めなくて、言われんとするところをよく吟
味しなくてはいけないと思います。
 日本は、戦後一貫して安全保障という「生存の条件」を他人任せにして、経済的豊
かさと国民生活の向上と言う「繁栄の条件」を求めるという事を疑いもせずに邁進し
たことが原因で、その結果としての一事象が原発事故の混乱ではないのでしょうか。
ミスマッチの素因と根本原因は、政府、所轄官庁、東電、専門家の怠惰ではなく、
「想定外」と自然の猛威だったとされています。(「想定外」は年末の流行語大賞に
なりそうですが)。しかし、政府に生存の条件たる安全保障の何たるかという見識と
研究があったなら、今回の事態は避けえたか、もっと軽減されたものになっていたの
ではありませんか。そこに「生存の条件の」視点があれば避難所の設営、運営につい
ても、阪神大震災の経験からやらなくては「いけないことは何か」は分かっていたは
ずです。そして、今回の打つ手の立ち遅れは、田母神空幕長がさる筑紫野市での講演
で述べられた「責任回避と、批判をかわすための官僚や政府の無謬性体質(国民より
わが身が大事という保身が本音)」と言うのが真相であり、そこに能力のない民主党
政治家がやろうとした「政治主導」が結果的には裏目に出て、無能な権力者の無為無
策を演じせしめ国民を苦しめているのではないでしょうか。それに、行政における
「想定」は、客観的事実や科学的可能性によって決定されるのではなく、予算をはじ
めとする政治的事情や政治的都合によって決定されるものだということも我々は教え
られたように思います。そこには「それでは危ない」と解っていても、言いだせない
要素があるのであろうとも思い知らされました。それは、決定になったことへの異を
唱える勇気のなさとか、メンツの問題であって、結局政治家、官僚と言ったエリート
の世界でも信条で動くより、自己の立場を守る為の悪しきプラグマティズム(実益主
義)で行動するのだということで、政治家を我々より優れた賢人、高潔な人間として
見ることの間違いをはっきりと見せつけられました。
 無謬性については、知らず知らずのうちに巧遅に傾こうとする、一種の学校教育の
万点至上主義の弊害が出ていませんか。昭和17年のミッドウェー開戦の際、索敵に出
た利根4号機よりの「敵ハソノ後方ニ空母ラシキモノ一隻ヲ伴ウ」の飛電に接し、山
口多門少将が「直チニ攻撃隊ヲ発進スル要アリ」と進言に対し、南雲さんや源田さん
が攻撃隊を収容してからと言うテストの答案なら100点満点の巧遅の処置をして、山
口少将が「司令部は何をやっとるのか、兵は拙速を尊ぶだ、南雲さん分かっているは
ずだが」と憤慨したという歴史的事実に伝えられる、その体質は今も変わっていない
と教えられるような気がします。
以上のような事を考えさせられる時、今回の教訓は皮肉的、自棄的にではなく「我々
は歴史から何も学ばない」であり、故瀬島龍三さんの言葉が真実を突いているのな
ら、「皆さん同じことはこれからも必ず起こるのだという事を忘れてはいけません。
将来はこんなことはないだろうという甘い考えは捨てて下さい」と言う事に国民は目
覚めなくてはいけないという事ではありませんか。更には、今眠っている意識を目覚
めさせよう、違った意識を覚醒させようというのなら、石原莞爾将軍が「最終戦争
論」で述べられている近代国家の国民が生き残る条件の一つに、「損害に対して我慢
する力」を日本人は涵養する必要があるという事ではないでしょうか。自然災害の見
本のような母国日本に住む我々が、いつでも文化的で快適な生活を享受する権利を主
張する「個」に固執した意識を脱却しないと、同じことを繰り返しますよ、というの
が教訓であるように思います。
 そして、「国民の皆さん、まともな政治家を選ぶ眼力と、教養を養うように精進し
ましょう」と稲葉さんの御意見には全く同感です。稲葉さんの主張をどこまで理解で
きたか不安もありますが、私の所感を述べさせていただきました。

                                      
   平成23年6月7日
                                      
        守山善継

投稿: 守山善継 | 2011年6月 7日 (火) 16時41分

守山さんの卓見に深謝です。

> 現代の日本では、国会議員になるのに「国家への忠誠を誓う」と言う宣誓をしていな
> いということですか。これは知りませんでした。国民に国事への関与を選挙を通して
> 託され、天皇陛下に召集されて議会で議論を戦わす「日本国民」の代表たる国会
> 議員が、日本国への忠誠を宣誓をしないとは国家の体をなしていないのではありま
> せんか。到底、他の近代国家ではあり得ないことでしょう。

この件につきましては、宇都議員の下記ブログを参照願いたいと思います。
http://ameblo.jp/captain-kotora/day-20100720.html
当選証書を手渡しする方の「おめでとうございます」という一言だけだそうです。
その時でも国旗に敬礼する当選議員は極少数ということです。

但し、宇都議員については下記の通り、選挙民に対して決意表明をやっております。

「私は忠誠を誓った人間として今、この場をお借りして皆さまにもお誓い申し上げます。自民党から防衛議員として出さしていただき、皆さまのお力をお借りしますが、私は徹頭徹尾、日本国の国益のために頑張って行くことをお誓い申し上げます。」

細部は考える会の下記ブログの最後をご覧下さい。
http://tamogamironbun.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/index.html

従って先日の事件で「国益を奪ばった詐欺師が総理大臣にあなたは本当の詐欺師だ」と言い合いをする政治家トップが出てくることになるのではないでしょうか。
全くお粗末としか言いようがありません。
相手や国民を平気で騙しても政治権力に噛り付こうとする政治家がいるのは、この国家に忠誠を誓っている政治家がほとんどいないということでしょうか。

国政を担う政治家は自衛官以上の厳しい国家への宣誓をすべきと私は思います。
佐藤正久議員、宇都隆史議員の尽力で制度化されることを期待しております。

                                  6月7日      稲葉 敏

投稿: 稲葉 敏 | 2011年6月 7日 (火) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532355/51858659

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を守るのは日本国民!:

« インタビュー大好き防衛大学校長の初仕事 | トップページ | 「教科書の問題点」 »